T 学校教育目標

 
 「深く考え、粘り強く実践する生徒」

   ◎ 学び方を身につける
   ◎ 美しい心を育てる
   ◎ たくましい体力をつくる

U めざす生徒の姿

        
“自立をめざす清中生”
   自立の獲得→「自己肯定感・自己有用感」と「良い習慣作り」

   自立をめざす清中生の合言葉  《清中生のABC》
     
A:「温かいあいさつ」
      ◇学校教育目標の「美しい心を育てる」を目指すもの
      ◇集団の成員として社会性の獲得やコミュニケーションの力を身
        につける姿
      
B:「文武両道」
       ◇学校教育目標の「学び方を身につける」「逞しい体力をつくる」

        を目指すもの
       
基礎基本の定着に向け、自ら進んで授業と家庭学習に取り組
        
姿

      
運動とスポーツに親しむ姿と部活動で心と体を鍛える姿
     
C:「Challenge(チャレンジ)」
       
◇学校教育目標の「深く考え、粘り強く実践する生徒」を目指す
        もの
       ◇粘り強く情熱をもちつづけ「志」の実現に向けて挑戦する姿

V めざす学校の姿

  1 生徒が「行きたい学校」
   〜「今、やらなければならないこと」「今でなければ出来ないこと」に気
     づ き、自立に向けて自己伸張を図る生徒

  2 保護者が「通わせたい学校」
   〜いじめのない、生徒一人ひとりの自立が促され、先生方の士気の高 い
    学校

  3 地域が「誇れる学校」
   〜生徒の規範意識が育ち、マナーが良く、部活動に熱心に取り組む
     学校

  4 教職員が「働きがいがある学校」
   〜職場の同僚性、協働性が感じられ、「自分は学校に欠かせない」と
     いう自己有用感のある学校


W 学校経営の基本方針

  1 「先生が生徒と向き合うこと」を学校づくりの基盤にして、生徒が自校に
    誇りをもって学ぶことができる学校、教職員が「自分がいるから学校は
    動いている」という自己有用感に溢れる学校づくりをめざす。〔学校の姿〕

  2 生徒一人ひとりの学び・育ちが大切にされ、自他の生き方・生命を尊重し
    合い、豊かな人間関係を育て、生徒が「明日も学校へ行って勉強したい」
    という素朴なニーズに溢れる学校の創出をめざす。〔学びの保障〕

  3 清田中を特長ある学校にするためには、創意工夫を生む学校風土が極
    めて大切となる。授業・行事・学校経営・PTA活動等に、昨年と同じでは
    ない創意工夫をちょっとだけ加えた取組を意識し、質の高い当たり前を
    目指していく。その基盤にあるのは、忙しい毎日の中でも、絶えず子ど
    もや保護者の変化を察知し、自分の実践を振り返るような「学び続ける
    教師」の存在である。〔教職員の資質の向上〕

  4 少子化、核家族化、都市化、情報化が進み、子どもたちがバラバラの
    環境におかれている中、子どもたちに「生きる力」をつけようとすれば、
    学校だけでなく地域社会の協力が不可欠で、保護者同士が横に手を
    繋ぎ、学校は地域の方々の教育力を生かす。〔保護者・地域との連携〕

X 本年度の教育推進の重点

 
 1 教育に関する法令や学習指導要領に従い、教育の内容を生徒の発達に
    応じ、指導に必要な時間を実質的に確保しながら、教育課程を編成し実
    施する。

   (1)基礎的・基本的な知識・技能の習得、言語活動の充実による思考力・
      判断力・表現力の育成、学習意欲の向上や学習習慣の確立をめざす。
   (2)体験的な学習や基礎的・基本的な知識及び技能を活用した問題解決
      的な学習を重視する。
   (3)道徳は道徳の時間を要として学校の教育活動全体を通じて行う。
      各教科、総合的な学習の時間、特別活動において道徳の内容と関連を
      踏まえる。
   (4)望ましい集団生活や人間関係の構築をめざし、自主的・実践的な態度
      の育成を図る。また、学校生活への適応を援助し、自己の生き方を考
      え、自己を生かす能力の育成を図る。
   (5)目標、育てようとする資質や能力及び態度、内容、学習活動、学習の
      評価、指導体制など全体計画に基づいて総合的な学習を展開する。
      また、指導計画に適切に位置づけた「朝の読書」として指導と評価を
      行う。なお、「朝総合」では総合的な学習の時間の時数の縮減を踏ま
      え、読書に充てる時数と読書以外に充てる時数のバランスを図る。
   (6)T期の総合的な時間は、学習活動が「旅行的・集団宿泊的」行事の
      実施と同様の成果を期待できるよう探求的な学習として単元を構成し、
      体験活動の実施をもって該当を行事時数とする。
   (7)個別指導やグループ指導、TT指導、習熟度別指導など、授業方法や
      指導体制の工夫・改善を図る。
   (8)生徒会活動や学校行事で生徒に自分の果たす役割を意図的・計画的
      に自覚させ、自主的・実践的な態度や社会性の育成を図るとともに文
      化の創造・伸張に努める。
   (9)特別支援学級の指導については市教委スタンダードに基づいて、教育
      活動を進める。昨年度同様に近隣校との連携を進め、教育的効果を高
      める。
   (10)全ての教育活動で「指導と評価の一体化」の視点に立ち、指導の工
      夫・改善に努める。

  2 学級経営、学年経営の充実を図り、教師と生徒の信頼関係、生徒相互
    の望ましい人間関係を育てる。

   (1)基本的な生活習慣を確立し、けじめのある生活ができるようにする。
     また、集団指導に力を入れ、授業規律の徹底を図る。授業が最大 の
     生徒指導であるという認識に立つ。
   (2)豊かな心を育成し、豊かな情操を培う生活指導を進め、自己決定の
      場を多くもつ。また、正しい日常会話ができるように言語環境の整備
      に努める。
   (3)懐の深い、包容力のある生徒指導に努め、子どもが自らの姿と向き
      合うことにより子どもの変容を促す。
   (4)Q-U調査、いじめ調査を行い、個と集団の関係性の向上やいじめの
      根絶を目指す。
   (5)食育の推進並びに体力の向上に関する指導、安全に関する指導、
      及び心身の健康の保持増進に関する指導については、生涯を通じて
      健康・安全で活力ある生活を送るための基礎が培われるようにする。


  3 「信頼される学校の創造」をめざし、学校組織が一体となり、教職員それ
     ぞれが成長し、そのすべての力を結集し、教育活動の成果を
     あげることをめざす。

   (1)生徒を育てる教育の主体者として、個人としての謙虚さと職業人として
      の強い意思をもつ。
   (2)校内研修は特活・道徳・総合、教育課程、生徒指導の積み上げと見直
       しの場とし、新たに「授業研究」の視点から、『内発的動機を引き出す
      授業の在り方〜観点「関心・意欲・態度」Cゼロを目指して(例)』等を
      設定する。
   (3)月行事、週日課などは移行期間の積み上げ、確認してきたことを基盤
      に、様々な制約条件を勘案しながら軽重をつけ計画、実践する。
   (4)学校の自己評価の結果とその改善策について外部評価(評議員会)を
      受ける。また、学校は評価されるのみの対象ではなく、“共育”という視
      点から「早寝・早起き・朝ご飯」「家庭学習」「読書」「地域行事への参
      加」等を家庭・地域へ啓発していく。
   (5)図書館の活用、ICTの活用、地域の施設の活用、関係諸機関との連
      携、地域教材の開発・活用を図る。
   (6)電子データの個人情報の取り扱いについては、本市情報セキュリテ
      ィポリシーを100%遵守する。校務パソコンの運用をゆっくり進める。
   (7)生徒会のボランティア活動は特筆に値する。だれでも・いつでも・どこ
      でもできることに参加する心の有り様を大切にしたい。
   (8)子どもは「言うようにはならないが、やるようにやる」と言われる。
      おとなが範を示すことが一番の教育効果である。
   (9)部活動への支援の拡大をお願いする。担当できない方もこれまで
      同様に個人競技の引率を切にお願いする。
   (10)かけがえのない「命の大切さ」を全ての生徒にあらゆる機会をみて
       醸成していく。
   (11)不登校生徒に対して個に応じた対応にあたり、状況の改善を目指す。
   (12)「想定外」のことがいつでも起こりうるという危機管理の認識を新たに
       する。


   




札幌市立清田中学校

〒004-0843 札幌市清田区清田3条3丁目7番1号
TEL:(011)881-2034 FAX:(011)881-5449